【送料無料】こんにゃくごはんダイエットお試しセット
お得3連発!セール&懸賞&オークション
Google

ダイエットの情報の検索はこちらからどうぞ

ダイエットに良い食品

十六穀米をおいしく食べるコツ

十六穀米、など雑穀がダイエット・健康に良いとして注目されていますね。
でも、「ぱさぱさしていて食べにくいのでは?」と敬遠されている人も多いのではないでしょうか。

そこで、「雑穀米を食べやすくする方法」を紹介します。
「雑穀米ファン」はみんなやっている方法ですが、市販の「十六穀米」に、
「黒米」を少し足して炊いてみてください。
お赤飯のような色になりますが、もちもちとした食感になってすごく食べや
すくなります。
ほとんど毎日食べている人は、みんなこの方法をしているようです。
黒米は、最近は小パックでも販売されています。
大型スーパーやドラッグストアで探してみてください。
市販のものに自分で好きな雑穀を混ぜて、自分だけのオリジナル・ブレンドを
作るのもいいですね!

ただ、男性の方は、やはり白米が好きな人が多いようです。
そういう時は自分用に、何合かまとめて炊いておいて、冷凍保存しておけば
好きなときに食べられますよ。

ダイエットの敵は食べ過ぎること。

血糖値は食事開始後ゆっくり上がり、やがて満腹中枢を刺激し、食べることをやめて下さいと指令を出します。
食物繊維がたくさん含まれている雑穀を食べると、噛む回数が自然と増え、食事もゆっくりと進められます。
だから、つい食べ過ぎてしまう前にその指令を受けることが出来ます。
また、食物繊維はおなかに満腹感をしっかり与え、満腹感を比較的長持ちさせることができる栄養素です。
(管理栄養士/国際薬膳師 川畑 輝子さんの記事から引用)


更に、ダイエット中に特に不足しがちなビタミンやミネラルが、雑穀には多く含まれていると言われています。

ダイエットは日々の習慣です。以前に紹介した「夢十色」などのアルファー米に十六穀米をブレンドしたら、最強の「ダイエット米」になるかもしれませんね。

ちなみに主な雑穀の栄養成分を調べてみました。

赤米   ビタミンB1、ビタミンE,食物繊維
黒米   鉄、カルシウム、ビタミンB2、ポリフェノール
もちあわ ご飯をもちもちさせます。ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カルシウム
もちきび 亜鉛、鉄、食物繊維
ひえ   カリウム、冷え性改善効果
黒ごま  カルシウム、ビタミンE、ポリフェノール
玄米(もち種)食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE
黒豆   ビタミンB1、食物繊維、アントシアニン
押麦   ビタミンB1、ビタミンE、食物繊維
はと麦  ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンE、鉄
けん
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。