【送料無料】こんにゃくごはんダイエットお試しセット
お得3連発!セール&懸賞&オークション
Google

ダイエットの情報の検索はこちらからどうぞ

こころとダイエット

イエットで食事療法を持続するエ夫

ダイエットのために食事療法を続けるのは大変なことです。

食事療法についての記事を見つけましたのでここに掲載して

おきます。

ご参考になれば幸いです。

ダイエットで食事療法を持続するエ夫

著 者: 青銀杏

ダイエットで減量し痩せることが必要な肥満症患者の
食事療法を実施するのは患者であり、
医療者は間接的支援に回らざるをえません。

苦手な食を制限することに自主的に立ち向かう
肥満症患者の心理を理解しサポートするには、
行動療法の心得をもつことが大切となります。



ダイエットで減量を続けるためには、
絶えず動機づけを行うことが必要です。

食事療法は決して楽なことではありません。

それまで好きなように食べていた人が、
それをやめることは、
強い意志と努力を必要としますが、
まず動機づけから開始します。

食を減らすことによって
どのくらいのメリットがあるかを、
説明する必要があります。

それには代謝的改善、自覚症、
痛みの緩和、減量による医療費削減など、
あらゆる方向・角度から説明することが大切です。



減量で痩せることのメリットについては、
実際に以下の結果が得られることを、1つの例として示します。

@肥満糖尿病では、
入院して2〜4kg体重を減らすと、
スルホニル尿素系薬剤(SU剤)はもとより、
インスリンすら不必要となる例がみられます。

A高血圧のある場合、
体重が1kg減ると収縮期約20〜30mmHg下がります。

B中性脂肪は、
体重が1kg減ると50〜100mg/dl低下します。

C膝関節症は、
体重を4kg以上減らすと軽減しだします。

D睡眠時無呼吸症候群では、
やはり4kg以上減らすと、
昼間眠く能率の上がらなかった人が能率よく働けるようになる。

こういったダイエットのメリットについて
理解してもらうことが必要です。

そして、実際に減量ができた時には、
惜しまず賛辞を贈ることが大切です。



ダイエット中は、朝夕の体重変化を
グラフにつけて変動記録を書いてもらう必要があります。

日々の低エネルギー食療法の効果を
視覚で理解することが重要です。

過食の影響も目で理解できます。

また検査項目についても、
自覚症状に表れない変動をグラフで示すことは、
努力の結果を納得できるものとするために有用です。



肥満の方は、比較的適応性が悪く、
人の言ったことを聞き入れることは苦手です。

好き嫌いも比較的強く、ストレスに弱いのです。

すなわち、肥満者の性格として、
減量治療にのりにくい特性があります。

ロールシャッハテストで分析したところ、
ハイラムダ型
(物事を簡単にしかみず、第三者的で、
 主体的にかかわろうとせず、成り行き任せ)
が多い特徴がみられます。

それを踏まえたうえで、
肥満者を長い目でみて、
大きく包み、小さな目標を立て、
できるだけ達成感を味わう機会を多くし、
自信をもってもらうように
精神的サポートを続ける必要があります。



************************************************
痩せるダイエット
http://yaseru1.seesaa.net/

original article
http://yaseru1.seesaa.net/article/29658481.html
************************************************




アーティクルリソース:http://www.viralarticle.com/

こころとダイエット

やってはいけないダイエット法

やるべきではないダイエットを短い言葉で表現するように言われたら、私は「みじめに感じるダイエット」と答えます。それがどんなに科学的で合理的、または人気のダイエット法であっても、それを実行することでみじめさを感じる時はやるべきではないという意味です。
なぜなら、そのダイエット法はあなたを必要以上に否定しているからです。


(All About 「不幸にならないダイエットのコツ」から引用


今日、こんな記事を見つけました。

私がこのブログで伝えたいと思っているのは、まさにこの言葉と同じです。

では、どういうダイエットをすればよいか?

A 「自分自身を磨くためのダイエット」


やるべきではないダイエット

B 「自分自身そのものを変えるためのダイエット」

「おんなじじゃないの?」そう思われるかもしれませんが、ここが落とし穴。

ちょっと難しいかもしれませんが、ダイエットの成功のカギは「メンタル・

コントロール」にあると思います。

「A」は自分を肯定的にみているダイエットですが、「B」は自分自身そのものを

否定的にみています。例を挙げれば、「食べたものを吐く」、「極端な食事制限」

(ひとつのものしか食べない、栄養バランスを無視した食事制限など)

・・・ぜんぜん楽しくないですよね!

こんな自分自身をいじめるダイエットは絶対にやめましょう。


メンタルコントロールの簡単な方法がコチラの記事に書かれていますので、興味の

ある方はご覧ください。

http://allabout.co.jp/fashion/diet/closeup/CU20070222A/index2.htm

もちろん、読んだだけではだめですよ!

何事も「実践」することが大切ですから。

こころとダイエット

心が変われば身体も変わる

先日テレビを何気なくつけると、「ビューティーコロシアム」を

やっていました。

そこで体重が90キロ、100キロという女性が出ていましたが、

一人は産後の肥満が原因、もう一人は遠距離恋愛をしていて彼氏に

会えないストレスから過食症になってしまった、というのです。


過食症と言うのは完全に「こころ」の問題。

こういうケースの場合、ダイエットの指導よりも「心のケア」が一番重要になってくるのではないでしょうか。

私は専門家ではありませんが、数年前に過食症と拒食症を繰り返し

た末に「うつ病」になり自殺した親友がいるので、「心」の問題に

悩む人をみると心が痛みます。

ありのままの自分を受け入れられない、自分自身を愛せない、それ

がすべての根本の原因なのです。

欧米のように「歯医者に行くような感覚」カウンセリングやセラ

ピーを受けられるように日本もなってくれるといいと切に思いま

す。

もし、あなたが「自分自身を受け入れていないな」と感じているな

らば、江原 啓之さんの本をぜひ読んでみてください。

ダイエットの紹介もしておられます。

スピリチュアル・セルフカウンセリング



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。